男子ゴルフ 浅地がツアー初優勝

男子ゴルフ 浅地がツアー初優勝
男子ゴルフの国内ツアーの大会は、千葉県印西市で最終ラウンドが行われ、25歳の浅地洋佑選手が通算3アンダーでツアー初優勝を果たしました。
東京都出身の浅地選手は、高校在学中の2011年にプロに転向し、そのよくとしから国内ツアーに本格参戦しましたが、これまで優勝はありませんでした。

この大会は予選会の「マンデートーナメント」を通過して出場権を獲得し、11日の第3ラウンドで単独トップにたちました。

12日の最終ラウンドはバーディー1つ、ボギー2つで、スコアを1つ落としましたが、2位と1打差のまま逃げきり、通算3アンダーでツアー初優勝を果たしました。

予選会の「マンデートーナメント」からの優勝は、浅地選手がツアー史上6人目です。

1打差で2位は仙台市の東北福祉大学2年生の19歳で、12日にスコアを3つ伸ばしたアマチュアの米澤蓮選手と、アメリカのマイカローレン・シン選手が入りました。