女子ゴルフ 20歳の渋野 ツアー初優勝

女子ゴルフ 20歳の渋野 ツアー初優勝
女子ゴルフの国内メジャー大会第1戦は、最終ラウンドが茨城県つくばみらい市で行われ、20歳の渋野日向子選手が、通算12アンダーでツアー初優勝を果たしました。国内メジャー大会でのツアー初優勝は史上13人目です。
渋野選手は韓国のぺ・ソンウ選手と並び、トップで最終ラウンドに臨み、バーディー4つ、ボギー3つで回ってペ選手を1打差で振り切って、通算12アンダーでツアー初優勝を果たしました。

渋野選手は岡山市出身。去年7月にプロテストに合格したばかりの20歳で、先月のツアー大会で2位に入り、今大会は好調を維持したまま迎えていました。

ツアー初優勝が国内メジャー大会となるのは史上13人目で、日本選手では2016年にアマチュアで、日本女子オープンを制した畑岡奈紗選手以来8人目です。

2位は1打差の通算11アンダーでペ選手。3位は通算7アンダーで穴井詩選手。3位で最終ラウンドに望んだアマチュアの19歳、吉田優利選手はスコアを落とし、笠りつ子選手と並んで通算5アンダーの4位でした。