織田信長まつる神社に金平糖奉納 450年前の献上にちなむ

織田信長まつる神社に金平糖奉納 450年前の献上にちなむ
k10011913311_201905121505_201905121507.mp4
450年前の12日、織田信長がポルトガル人の宣教師から金平糖を献上されたと伝えられているのにちなみ、信長をまつる京都の神社では金平糖が奉納されました。
織田信長は450年前の5月12日、ポルトガル人の宣教師、ルイス・フロイスと面会して、金平糖とろうそくを献上されたと伝えられています。

これにちなみ、信長をまつる京都市北区の建勲神社では12日、市内の金平糖専門店の社長が袋に小分けした金平糖を供えました。

そして、神職が祝詞をあげたあと、社長が玉ぐしをささげ、南蛮文化を好んだという信長をしのんでいました。

奉納した清水泰博社長は「信長公は数ある菓子の中から特に金平糖を好まれたということで、うれしく思います」と話していました。

建勲神社の松原宏宮司は「南蛮文化を好むなど、とても先見性のあったという信長公の姿を知ってもらいたい」と話していました。

奉納された金平糖は、おはらいを受けた参拝者などに配られるということです。