バス転落事故 逮捕の運転手 無許可で運送事業か

バス転落事故 逮捕の運転手 無許可で運送事業か
k10011913241_201905121213_201905121214.mp4
10日、群馬県南牧村でマイクロバスが崖下に転落し、12人がけがをした事故で、警察は逮捕した運転手が事業用ではない、いわゆる「白ナンバー」のバスに大勢の登山客を乗せていたことから、無許可で運送事業を行っていた可能性もあると見て調べています。
10日、群馬県南牧村にある烏帽子岳の登山口近くで、車道に止まっていたマイクロバスが突然動き出して崖下に転落した事故では、12人が重軽傷を負いました。

警察はサイドブレーキを適切にかけるなどの安全措置がとられていなかったと見て、運転していた茨城県守谷市のレンタカー業、海老原功容疑者(66)を業務上過失傷害の疑いで逮捕し、12日、身柄を検察庁に送りました。

警察などによりますと、事故を起こしたバスは、海老原容疑者の会社が管理していて、事業用ではない白ナンバーの車両ですが、事故当時、茨城県からの登山客18人を乗せていました。

警察は無許可で運送事業を行う、いわゆる「白バス営業」をしていた可能性もあると見て、登山客から報酬を受け取っていなかったかなど調べを進めています。