競泳チャンピオンズシリーズ 坂井が2位 男子200mバタフライ

競泳チャンピオンズシリーズ 坂井が2位 男子200mバタフライ
競泳の新しい国際大会「チャンピオンズシリーズ」の第2戦が11日、ハンガリーのブダペストで開幕し、男子200メートルバタフライはリオデジャネイロオリンピックの銀メダリスト、坂井聖人選手が1分55秒40のタイムで2位でした。
競泳の国際大会「チャンピオンズシリーズ」は国際水泳連盟がことし新設した大会で、オリンピックのメダリストなど世界のトップ選手が競い、個人の各種目で優勝すれば1万ドルの賞金が贈られます。

11日に開幕した第2戦のハンガリー大会にはリオデジャネイロオリンピック 男子200メートルバタフライの銀メダリスト、坂井選手が出場しました。

坂井選手は第1戦の中国大会に続き優勝を目指しましたが、序盤から出遅れ、後半もスピードに乗り切れず1分55秒40で2位でした。

優勝は前回2017年の世界選手権、100メートルバタフライで銀メダルを獲得した地元ハンガリーの19歳、クリシュトフ・ミラーク選手で、1分53秒64でした。

大会2日目の12日は、男子200メートル平泳ぎにこの種目の世界記録を持つ渡辺一平選手が出場します。