大相撲夏場所きょう初日 新大関 貴景勝は遠藤と

大相撲夏場所きょう初日 新大関 貴景勝は遠藤と
元号が令和となって最初の大相撲本場所となる夏場所は、12日、初日を迎えます。新大関としての相撲が注目される貴景勝は、平幕の遠藤と対戦します。
令和最初の本場所となる夏場所は12日、初日を迎え、先場所、全勝優勝した横綱 白鵬が休場する中、22歳の新大関 貴景勝に新時代の土俵を盛り上げる役割を期待したいところです。

貴景勝は、平幕の遠藤との対戦で、過去の対戦成績は1勝1敗です。
遠藤は四つ相撲のうまさに定評があるだけに、貴景勝としては低い立ち合いで相手を突き放し、得意の突き押し相撲でまわしを取らせない展開が理想です。
重圧のかかる新大関の場所で好スタートを切るためにも、持ち味をいかした相撲で白星をあげたい1番です。

一人横綱として令和最初の土俵を締める鶴竜は、14場所連続で三役を務める小結 御嶽海と対戦します。
対戦成績は5勝5敗と五分で、ことしに入ってからは2連敗中の難敵です。
鶴竜としては、立ち合いで当たり負けすることなく、低い姿勢で浅く上手を引くなど有利な体勢を作りたいところです。
一方、御嶽海は、立ち合いで鶴竜の体をおこし、突き押しやもろ差しなどの形に持ち込めば、勝負はわからなくなります。

存在感を見せたい先輩大関2人の取組も注目で、豪栄道は前頭筆頭の北勝富士と、高安は前頭筆頭の琴奨菊とそれぞれ対戦します。