検察の準抗告を棄却 ゴーン前会長を再び保釈へ

検察の準抗告を棄却 ゴーン前会長を再び保釈へ
特別背任の罪で追起訴された日産自動車のゴーン前会長について東京地方裁判所は検察の準抗告を退け、改めて保釈を認める決定をしました。追加の保釈金5億円はすでに納められていてゴーン前会長は25日夜中にも、東京拘置所から保釈される見通しです。
日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)はオマーンの販売代理店に日産から支出させた資金の一部をみずからに還流させ5億5000万円余りの損害を与えたとして今月22日、特別背任の罪で東京地検特捜部に追起訴されました。

ゴーン前会長は去年11月の最初の逮捕から108日間にわたって身柄を拘束されたあと先月6日にいったん保釈されましたが、保釈中の今月4日に再逮捕され、再び身柄を拘束されていました。

弁護団は追起訴を受けて改めて保釈を請求していましたが、東京地方裁判所は25日午前、ゴーン前会長の保釈を認める決定を出し、検察の準抗告も退け、改めて保釈を認める決定をしました。

関係者によりますと、検察は追起訴した事件には前会長の妻のキャロルさんや息子の会社も関係しており、前会長がキャロルさんらを通じて事件関係者に働きかけ証拠隠滅を図った疑いもあると主張し保釈に強く反対したということです。

しかし今回の保釈の条件ではキャロルさんとの接触も原則禁止されていることなどから裁判所は保釈を認めても証拠隠滅のおそれは低いと判断したものとみられます。

ゴーン前会長は先月の保釈の際に10億円の保釈金を納めましたが、新たに追起訴された特別背任の罪の勾留に対する保釈にはさらに保釈金を納める必要があります。

ゴーン前会長はすでに追加の保釈金5億円を全額納めているということで、前会長は25日夜中にも、東京拘置所から保釈される見通しです。