修学旅行積立金470万円を着服 事務職員を懲戒免職 千葉

修学旅行積立金470万円を着服 事務職員を懲戒免職 千葉
千葉市の中学校で、保護者から集めた修学旅行の積立金などおよそ470万円を着服したとして、千葉市教育委員会は、34歳の男性事務職員を懲戒免職の処分にしました。
懲戒免職になったのは、千葉市の小学校に勤務する34歳の男性事務職員です。

千葉市教育委員会によりますと、この職員は、先月まで勤務していた市内の中学校で、保護者から集めた修学旅行の積立金や教材費の管理を担当していましたが、去年9月以降、校内の金庫や銀行口座から合わせて470万円を着服したということです。

今月になって、学校側の調査で積立金が不足していることが分かり、職員に事情を聴いたところ着服を認めたということです。

職員は「金庫の現金の一部がなくなっていることに気付き、競馬で当てて補填(ほてん)しようと着服を始め、収拾がつかなくなった」と説明していて、今月、調査を受けたあとも着服して手元にあったカネを含むおよそ40万円を「最後の賭け」として、さらに競馬につぎ込んでいたということです。

着服された積立金は校長らが立て替え、来月の修学旅行は予定どおり行われるということです。

千葉市教育委員会は「生徒や保護者にご迷惑と心配をおかけし心からおわび申し上げます」と話しています。