富士山に「農鳥」確認 山梨 富士吉田

富士山に「農鳥」確認 山梨 富士吉田
山梨県富士吉田市で富士山の雪どけに伴って現れる鳥のように見える雪形、「農鳥」が25日、確認されました。
「農鳥」は、富士山の山梨県側で春先から初夏にかけ、雪どけが進んで山肌に残った雪が鳥の姿に見えることから名付けられた雪形で、ふもとの地域では田植えの時期を告げるものとされています。

25日の富士山周辺はおおむね晴れて、西側斜面の7合目から8合目付近に山頂に向かって白い鳥がたたずむような雪形が現れ、山梨県富士吉田市は午後5時、「農鳥を確認した」と発表しました。

市によりますと、ことしの「農鳥」の確認は積雪が少なく気温の高い日が続いたため、例年に比べておよそ2週間早いということです。

富士吉田市富士山課の北原直季主事は「『農鳥』が見えると富士山麓(さんろく)に春が来たという気持ちになる。きれいな『農鳥』を見ながら、市民の皆さんには大型連休を楽しく過ごしていただきたい」と話していました。