北朝鮮 キム委員長ロシアへ出発 国営メディア伝える

北朝鮮 キム委員長ロシアへ出発 国営メディア伝える
k10011894231_201904240942_201904240943.mp4
北朝鮮の国営メディアは、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が、ロシアに向かうため24日未明、専用列車で出発したと24日朝、伝えました。キム委員長が最高指導者としてロシアを訪れるのは初めてで、プーチン大統領との首脳会談で非核化についてどのような意見が交わされるかが焦点です。
北朝鮮の国営メディアは、キム・ジョンウン委員長が、24日未明、専用列車でロシアに向けて出発したと24日朝、伝えました。

24日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、1面にキム委員長が出発したときの写真を大きく掲載し、キム委員長は儀じょう隊や花飾りを持った市民に見送られ、右手を上げて応えたり、幹部と握手したりしています。リ・ヨンホ外相や、長年、アメリカとの交渉を担当してきたチェ・ソニ第1外務次官など、2回目の米朝首脳会談に同行した幹部たちも、キム委員長とともにロシアに向かいました。

キム委員長が最高指導者としてロシアを訪れるのは初めてで、24日午後、極東のウラジオストクに到着する見通しです。25日行われるプーチン大統領との首脳会談では、北朝鮮の非核化をめぐってどのような意見が交わされるかが最大の焦点です。

キム委員長は、完全な非核化まで制裁を解除しないとするアメリカの要求は一方的だとして不満を募らせていて、中国と同じく、制裁の緩和に理解を示しているロシアとも関係を強化することでみずからの正当性をアピールし、アメリカをけん制するねらいがありそうです。