カザフスタン大統領選 現職のトカエフ氏が最有力候補か

カザフスタン大統領選 現職のトカエフ氏が最有力候補か
中央アジアのカザフスタンで、依然大きな影響力を持つナザルバーエフ前大統領が率いる与党はことし6月に予定されている大統領選挙の党の候補として、現職のトカエフ氏を指名し、最有力候補になると見られています。
カザフスタンでは30年近くにわたって国を率いてきたナザルバーエフ前大統領が、先月、退任したのに伴い、ことし6月に大統領選挙が行われることになっています。

この選挙に向けて、ナザルバーエフ氏が党首をつとめる与党「ヌルオタン」は、23日総会を開き、大統領選挙の党の候補に、先月、上院議長から大統領に就任したトカエフ氏を指名しました。カザフスタンの大統領選挙をめぐっては、ナザルバーエフ氏の長女で上院議長のダリガ氏が立候補するという見方も出ていましたが、依然大きな影響力を持つナザルバーエフ氏がみずからトカエフ氏を指名したことで、6月の大統領選挙ではトカエフ氏が最有力候補になると見られています。