プロ野球は5試合 セ・リーグ首位の巨人がヤクルトに快勝

プロ野球は5試合 セ・リーグ首位の巨人がヤクルトに快勝
プロ野球はナイトゲーム5試合が行われ、セ・リーグの首位の巨人がヤクルトに快勝しました。

セ・リーグ

ヤクルト対巨人は巨人が9対0で勝ちました。
巨人は1回、ビヤヌエバ選手の犠牲フライで先制し、その後も亀井選手のタイムリーツーベースや小林選手の2点タイムリーなどで得点を重ねました。先発の山口投手は球威、コントロールともに抜群で、8回をヒット1本無失点と好投し、開幕から負けなしの4連勝。巨人は4連勝で首位を守りました。ヤクルトは投打に精彩を欠きました。

広島対中日は広島が3対2でサヨナラ勝ちしました。
広島は同点の9回、2アウト満塁から小窪選手がライト前にタイムリーを打ち、今シーズン2回目のサヨナラ勝ちで5連勝としました。9回に3人目で登板した中崎投手が今シーズン初勝利です。中日は平田選手が2本のホームランを打ち、先発の大野雄大投手が8回2失点と好投しましたが、2人目のライデル・マルティネス投手が打たれました。

DeNA対阪神は阪神が8対3で勝ちました。
阪神は1回、大山選手のタイムリーと福留選手の犠牲フライで2点を先制し、5回には福留選手が2号スリーランを打ちました。先発の青柳投手はテンポよく投げて合わせて4つのダブルプレーに打ち取るなど、7回途中3失点で今シーズン初勝利を挙げチームの連敗を3で止めました。DeNAはドラフト1位ルーキーの上茶谷投手が5回途中6失点と試合を作れず、3年ぶりの6連敗となりました。

パ・リーグ

日本ハム対楽天は楽天が4対1で勝ちました。
楽天は1点を追う6回、ブラッシュ選手の2号ソロで追いつき、9回にはウィーラー選手の6号スリーランで勝ち越しました。楽天は3連勝です。日本ハムは今シーズン初登板の先発・杉浦投手が5回を完璧に抑えましたが、リリーフ陣がふんばれませんでした。

ロッテ対西武は延長12回、規定により9対9で引き分けました。
西武は3点を追う8回、中村選手が3号ソロを打ったあと、山川選手と森選手のタイムリーなどで合わせて4点を奪い、逆転しました。ロッテはそのウラ、鈴木選手の2号ソロで追いつき、延長に入るとともに決め手を欠きました。試合時間は5時間21分で今シーズン両リーグ最長となりました。