”国内旅行の計画立てます” 旅の後押しサービス相次ぎ登場

”国内旅行の計画立てます” 旅の後押しサービス相次ぎ登場
宿泊を伴う国内旅行をする人が伸び悩む中、旅行の計画を立てる手間を省いたり、旅行代金を後払いにしたりできるインターネット上のサービスが相次いで登場しています。
このうち東京 渋谷のベンチャー企業が今月から始めたサービスは、まず、インターネットのサイトに出発地や季節、それにどんな人と旅行に行くかを入力します。そして、提示された画像から好みの3枚を選ぶと、その人の気分に合わせた国内旅行のプランを自動的に作成してくれます。

宿泊先や移動手段も一括して予約することも可能で、開発を手がけた「TRASTA」の岩本佑太さんは、「将来的には海外旅行なども扱いたいと考えていて、さまざまな手段で魅力的なプランを提供したい」と話していました。
一方、東京 渋谷の別のベンチャー企業が去年から始めたサービスは、専用のアプリを使えば、10万円を上限に旅行代金の支払いを2か月先まで後回しにすることができます。

アプリを立ち上げた「バンク」の岡田麻里さんは「旅行中のお土産や食事の出費についても対応を検討していきたい」と話していました。

観光庁によりますと、国内で宿泊を伴う旅行に出かける人は、ここ数年、伸び悩んでいるということで、ベンチャー企業の間ではネットを使った新たなサービスで需要を掘り起こそうという動きが相次いでいます。