フィリピン北部地震 11人死亡 20人以上行方不明

フィリピン北部地震 11人死亡 20人以上行方不明
フィリピン北部で22日に起きたマグニチュード6.1の地震で、これまでに11人が死亡しました。また、倒壊した建物に取り残されて20人以上が行方不明になっていて、警察などが救助活動を急いでいます。
日本時間22日午後6時10分ごろ、フィリピン北部のルソン島を震源とするマグニチュード6.1の地震がありました。

震源に近い首都マニラの北にあるパンパンガ州では、住宅やスーパーマーケットが倒壊し、地元の知事は、これまでに少なくとも11人が死亡したことを現地のメディアに明らかにしました。

また、フィリピンの防災当局によりますと倒壊したスーパーマーケットには、地震が起きたとき大勢の買い物客がいたということで、今も24人が建物の中などに取り残されて行方不明だということです。

また、これまでに81人がけがをして病院で手当てを受けているということです。

現地では、一夜明けた今も、警察などが重機を使ってがれきを取り除き、救助活動を進めています。