ウクライナ大統領選 新人でタレントのゼレンスキー氏が当選

ウクライナ大統領選 新人でタレントのゼレンスキー氏が当選
5年前のクリミア併合を受けてロシアとの対立を続けるウクライナで、大統領選挙の決選投票が行われ、話し合いによる解決を訴えてきた新人でタレントのゼレンスキー氏が現職のポロシェンコ大統領を破り、初当選しました。

新しい大統領の下で両国関係にどのような変化が生まれるのか注目されます。
ウクライナの大統領選挙は21日決選投票が行われ、現在、開票作業が進められています。

中央選挙管理委員会によりますと、開票率75%で得票率は新人でタレントのゼレンスキー氏が73.1%で、現職のポロシェンコ大統領の24.6%を大きく上回り、ゼレンスキー氏が初当選しました。

ゼレンスキー氏はこれを前に支持者の前で「私を支持してくれたすべての人に感謝します。皆さんの期待を決して裏切らない」と述べました。

また、フランスのマクロン大統領やEU=ヨーロッパ連合のトゥスク大統領などヨーロッパ各国の首脳は相次いでゼレンスキー氏の勝利を祝福しました。

ゼレンスキー氏はウクライナ東部出身の41歳。政治経験はなく、高校教師が大統領に転身し汚職を撲滅していくテレビドラマで主役を演じて、既成の政治家と一線を画する清廉さをアピールすることで支持を広げました。

5年前のウクライナ南部のクリミア併合を受けて、日本や欧米諸国はロシアに対する制裁を科していますが、ロシアとの対決姿勢を前面に出したポロシェンコ大統領と違って、ゼレンスキー氏は話し合いによる解決を模索すべきだと訴えてきただけに、新しい大統領の下で両国関係にどのような変化が生まれるのか注目されています。