バス事故で運転手無罪 弁護士がメーカー幹部を刑事告発

バス事故で運転手無罪 弁護士がメーカー幹部を刑事告発
6年前、北海道白老町でバスが横転した事故をめぐる裁判で、運転手の無罪が確定したことを受けて、弁護士がバスのメーカー側が部品の不具合を放置したことで事故が起きたとして、当時の幹部らを業務上過失傷害などの疑いで刑事告発しました。
平成25年8月、白老町の道央自動車道でバスが横転し、乗客13人が重軽傷を負った事故では、運転していた60歳の男性が自動車運転過失傷害の罪に問われましたが、先月、札幌地方裁判所室蘭支部は「バスの部品が壊れていたために、ハンドル操作が困難だった可能性がある」として無罪を言い渡し、確定しました。

これを受けて、男性を弁護していた吉田康紀弁護士は19日、記者会見を開き、バスを製造した「三菱ふそう・トラックバス」の当時の幹部らを業務上過失傷害などの疑いで刑事告発したことを明らかにしました。
事故があったバスは、床下にある金属製の部品が壊れていましたが、このバスと同じ車種を含む3種類のバスは、事故から4年後のおととし、床下の部品の塗装が不適切だったとして、リコールの対象になりました。

吉田弁護士はリコールを届け出る10年以上前から不具合の報告が相次いでいたにもかかわらず、メーカー側が対策を怠ったために、今回も含め4件の人身事故が起きたなどとしています。

吉田弁護士は「捜査機関は無罪判決をしっかりと受け止めて、真実を明らかにしてほしい」と話していました。

三菱ふそうトラック・バス「コメントできない」

刑事告発について「三菱ふそうトラック・バス」は「検察が捜査するかどうかも決まっておらず、現時点でコメントすることはできない」としています。