平成に感謝 思い出を絵馬に 東京 浅草

平成に感謝 思い出を絵馬に 東京 浅草
平成の思い出を絵馬に書き込むなどして時代に感謝しようという催しが東京 浅草で始まりました。
この催しは、家庭などに僧侶を派遣するサービスを手がけるベンチャー企業が企画し、東京 浅草の繁華街に、寺を模した会場が設けられました。

会場には、平成の思い出や令和での目標を書き込める紙の絵馬が用意され、立ち寄った人たちが思い思いにペンを取っていました。

また、平成の思い出が詰まった品物を持ち込むこともでき、僧侶がお経を読んで供養するということです。

このほか会場には「平成」と「令和」と書かれたパネルも用意され、若者たちが記念撮影していました。

平成10年生まれの20歳の女性は「平成は部活に集中していたので、これからは旅行などもっと楽しく生きていくのが目標です」と話していました。

また、79歳の女性は「平成は家族に囲まれて幸せな時代でした。これからもみんなが健康でいてくれれば」と話していました。

この催しは、今月21日まで開かれています。