プロ野球 楽天 逆転勝ち 単独首位に

プロ野球 楽天 逆転勝ち 単独首位に
プロ野球はナイトゲーム6試合が行われ、パ・リーグは楽天が逆転勝ちで単独トップに立ちました。

パ・リーグ

《楽天 対 西武》
楽天が7対4で勝ちました。
楽天は1点を追う5回、浅村選手の3号スリーランで逆転し、6回には茂木選手の2点タイムリーツーベースでリードを広げました。
先発の福井投手は5回3失点で2勝目。
抑えの松井投手は9回ノーアウト満塁の場面でマウンドに上がり、相手の反撃を1点に抑えました。
楽天はリーグ10勝一番乗りで単独首位に浮上です。

西武は本田投手が5回途中5失点と試合を作ることができませんでした。

《ロッテ 対 ソフトバンク》
ロッテが1対0で勝ちました。
ロッテは5回、荻野選手のタイムリーで先制しました。
先発の岩下投手は6回をヒット1本無失点と好投。
その後はリリーフ陣が得点を与えず逃げきりました。
岩下投手は今シーズン初勝利です。

ソフトバンクは先発した大竹投手が8回1失点と好投しましたが、援護なく初黒星を喫しました。

《オリックス 対 日本ハム》
オリックスが6対4で勝ちました。
オリックスは1回、吉田正尚選手の3試合連続となる5号ソロで先制すると4回まで毎回得点して主導権を握りました。
3年目の榊原投手はランナーを出しながらも要所を締め、6回1失点でプロ初勝利を挙げました。

日本ハムは先発のロドリゲス投手が4回4失点と誤算でした。

セ・リーグ

《ヤクルト 対 阪神》
延長12回、規定により2対2で引き分けました。
阪神は4回、大山選手の2号ツーランで先制しました。
先発の青柳投手は7回無失点と好投しましたが、8回に3人目のジョンソン投手がヤクルトのバレンティン選手に2点タイムリーを打たれ、同点に追いつかれました。
9回以降は互いにチャンスを作りましたが、タイムリーが出ず引き分けました。

《巨人 対 広島》
広島が5対4で勝ちしました。
広島は2点を追う9回、菊池涼介選手のタイムリーツーベースで同点に追いつき、途中出場の石原選手のタイムリーで逆転しました。

巨人は8回に丸選手の5号ツーランで勝ち越しましたが、9回に抑えのクック投手がリードを守れず、来日初黒星を喫しました。

《中日 対 DeNA》
中日が3対1で勝ちました。
中日は1回、大島選手のタイムリーで先制しました。
さらに5回には阿部選手のタイムリーツーベースと平田選手の犠牲フライでリードを広げました。
先発の山井投手は6回途中を1失点に抑え2勝目。
鈴木博志投手が5つ目のセーブを挙げました。

DeNAは山井投手におととしから5連敗です。