長嶺駐韓大使 キム新統一相と面会 朝鮮半島非核化で連携確認

長嶺駐韓大使 キム新統一相と面会 朝鮮半島非核化で連携確認
韓国に駐在する長嶺大使は、韓国政府で北朝鮮との関係を担う統一相に今月就任したキム統一相と初めて面会し、朝鮮半島の非核化などで日韓が緊密に協力していくことを確認しました。
長嶺大使は17日午後、韓国の政府庁舎を訪れ、今月8日に就任したキム・ヨンチョル(金錬鉄)統一相と初めて面会しました。

冒頭でキム統一相は、これまで研究者として日本の朝鮮半島の専門家たちと交流をしてきたとしたうえで「今後、朝鮮半島に平和が定着する過程で、日韓の協力がさらに強化されることを望む」と述べました。

これに対し長嶺大使は「まもなく歴史的な南北首脳会談から1年になる。非常に大事な時期に就任された統一相のこれからのご活躍を心からお祈りする」と述べました。

韓国統一省によりますと、このあと双方は朝鮮半島情勢や日韓の間の協力などについて意見を交わし、朝鮮半島の非核化などで今後も緊密に連携していくことを確認したということです。

これに先立ってキム統一相は韓国に駐在する中国大使とも面会し、韓国政府が早期の開催を目指している次の南北首脳会談を通じて、朝鮮半島の平和プロセスで実質的な成果を挙げることに意欲を示したということです。