塚田前国交副大臣 県連会長辞任し改めて陳謝

塚田前国交副大臣 県連会長辞任し改めて陳謝
道路整備をめぐる「そんたく発言」で、国土交通副大臣を辞任した塚田一郎参議院議員が、17日、自民党新潟県連の会長を辞任し、一連の問題を改めて陳謝しました。
塚田一郎参議院議員は、道路整備をめぐり安倍総理大臣と麻生副総理兼財務大臣の意向を「そんたくした」と発言し、今月5日に国土交通副大臣を辞任しました。

塚田氏は自民党新潟県連の会長を務めていましたが、16日、県連幹部に辞任する意向を伝えました。

そして、県連幹部は17日午後、対応を協議して塚田氏の意向を受け入れ、塚田氏は県連会長を辞任しました。

このあと、髪を短く切った塚田氏は、県連で記者団に対し「県連会長の職責を全うすることは難しいと認識し辞任する決意をした」と述べました。

そのうえで「多くの国民や県民、自民党を信頼している皆さんにおわびしたい」と述べ、改めて陳謝しました。

また、塚田氏は「ふるさとのために働かせてもらいたいということはいささかも変わらない。最大限努力を重ねたい」と述べ、夏の参議院選挙に新潟選挙区から立候補する意向を重ねて示しました。