夏の甲子園 エアコン増設など熱中症対策強化へ

夏の甲子園 エアコン増設など熱中症対策強化へ
高野連=日本高校野球連盟はことしの夏の全国高校野球に向けて、甲子園球場のエアコンの増設や応援団用の休憩所の設置など、熱中症対策を強化することになりました。
記録的な暑さの中で行われた去年夏の甲子園では、開会式で初めて参加した選手全員に飲み物を携帯させたうえで、式の途中に水分補給の時間を設けたほか、アルプススタンドの応援団には霧吹き器を貸し出して水を散布するなどの対策が取られました。

そして、ことしの大会に向けて高野連は17日、運営委員会を開き、熱中症対策を強化することを決めました。

新たな対策では球場側がおよそ7000万円をかけて場内通路にエアコンを28台増設したほか、12か所ある入場門に扇風機を設置しました。

さらに大会期間中は、入場門の前で待機する応援団のために大型テントや持ち運びができる扇風機を設置したり、アルプススタンドの奥に冷房を備えた休憩所を設けたりすることが盛り込まれています。

高野連の竹中雅彦事務局長は「甲子園球場にも協力していただき、感謝している。去年以上の対策が必要だと考えているので、今後も状況を見てさらなる対策を取りたい」と話しています。

ことしの夏の甲子園は8月6日に開幕し、休養日も含めて16日間の日程で行われます。