立民 枝野代表「登校拒否」発言 おわびし訂正

立民 枝野代表「登校拒否」発言 おわびし訂正
立憲民主党の枝野代表は、集中審議の開催に応じない与党側の姿勢について「登校拒否みたいな話だ」と述べました。その後ツイッターに「『不登校』の問題全体について、ネガティブに受け取られる表現だった。おわびして、訂正する」と書き込みました。
立憲民主党の枝野代表は17日、民放のラジオ番組で、野党側が求めている集中審議の開催に応じない与党側の姿勢について「参議院規則で、『委員の3分の1以上の要求があれば、委員会を開かなければならない』という義務規定があるが、『開いても、出席しない』と堂々と審議拒否をしており、登校拒否みたいな話だ」と述べました。

その後、枝野氏は、みずからのツイッターに「『不登校』の背景には、本人や保護者の責に帰すことのできない様々な事情がある。『不登校』の問題全体について、ネガティブに受け取られる表現だったと思う。おわびして、訂正します」と書き込みました。

菅官房長官「国会議員は言動に責任を」

菅官房長官は午後の記者会見で「国会議員の発言にいちいちコメントすることは差し控えたい。そのうえで言えば、国会議員たるものは、与党か野党かにかかわらず、みずからの言動には責任を持ち、国民の負託に応えていく必要がある」と述べました。