立民と国民 衆院選の候補者一本化に向け調整へ 同日選に備え

立民と国民 衆院選の候補者一本化に向け調整へ 同日選に備え
k10011887071_201904171743_201904171744.mp4
立憲民主党の枝野代表は、夏の参議院選挙に合わせて「衆参同日選挙」が行われる可能性もあるとして、衆議院の小選挙区で野党側の候補者の一本化に向けて調整を呼びかける考えを示し、国民民主党の玉木代表は応じる考えを示しました。
立憲民主党の枝野代表は17日、民放のラジオ番組で、夏の参議院選挙にあわせて衆議員選挙が行われる可能性に言及したうえで「衆議院選挙はわが党と国民民主党でぶつかっているところはほとんどないが、一本化できるよう統一地方選挙が終わったら各党に呼びかけをしないといけないと思っている」と述べました。

これについて国民民主党の玉木代表は記者会見で「『衆参同日選挙』もあるかもしれないので、ある意味すべてが1人区である衆議院は候補者調整をすべきだ。枝野氏からの呼びかけには応えて、協力してやっていきたい」と述べ、枝野氏から衆議院の小選挙区で一本化に向けた調整の呼びかけがあれば、応じる考えを示しました。

そのうえで玉木氏は「いわゆる『空白区』がたくさんあるので、しっかり埋めていくことが何より大切だ。それができないと政権・与党が解散を打ってきて不戦敗になる。急いで候補者の発掘と調整を行うべきだ」と述べました。

共産 国対委員長「本気の共闘必要だ」

共産党の穀田国会対策委員長は記者会見で「ダブル選挙の可能性は否定できない。衆議院と参議院の候補者の調整を合わせて行うことは調整の選択肢が増えることになる。本当に安倍政権を倒そうと思ったら各党が協力する以外ない。本気で安倍政権を倒し、本気で政権を取りに行くためには、本気の共闘が必要だ」と述べました。