さまざまな海洋情報を一元化 新システムの運用開始

さまざまな海洋情報を一元化 新システムの運用開始
海上保安庁や気象庁など、各省庁や研究機関が所有するさまざまな海洋情報をまとめて見ることができる新しいシステムの運用が、17日から始まりました。
「海しる」と名付けられたこのシステムは、海上保安庁が出す航行警報や船舶交通の状況のほか、気象庁の天気図や海面水温の衛星画像など、13の省庁や研究機関が扱っているおよそ200項目の情報を集約し、インターネットで公開しています。

「天気図」と「波の高さ」など複数の情報を重ね合わせて見ることができ、日本周辺に加えて世界の海洋情報もリアルタイムでわかります。

台風が接近する際、海上の風の強さの見通しなどを調べて運航の判断に活用したり、風力発電などの海洋開発に活用したりすることが期待されています。

運用開始を記念する式典で、石井国土交通大臣は「海しるによって海上のビッグデータを多くの人が効率的に入手し、有効活用していくことが可能になる」と述べました。

システムを運用している海上保安庁は、利用者の意見などを聞きながらより使いやすくなるよう内容を改善していきたいとしています。