在日フランス大使館にも寄付申し出が相次ぐ

在日フランス大使館にも寄付申し出が相次ぐ
ノートルダム大聖堂の火災を受けて、日本のフランス大使館にも寄付の申し出が相次いでいます。
東京・港区にあるフランス大使館によりますと、火災のあと、日本国内に住む多くの個人などから寄付の申し出や問い合わせが次々に寄せられているということです。

大使館では現在、直接は寄付を受け付けていませんが、寄付先として、当局の認定を受けた4つの公式な団体を紹介しているということです。

これらの団体は、フランス文化財センター、ノートルダム財団、文化遺産財団、フランス財団で、フランス大使館のホームページには「パリ・ノートルダム大聖堂再建のための寄付について」というタイトルで、これらの団体へのリンクがはられているということです。