ブラジルで邦人男性撃たれ死亡 現地では邦人狙う事件相次ぐ

ブラジルで邦人男性撃たれ死亡 現地では邦人狙う事件相次ぐ
k10011886941_201904171645_201904171658.mp4
ブラジルの最大都市のサンパウロで、日本から現地に移住した67歳の日本人男性が、自宅に侵入しようとしていた男に撃たれて死亡しました。サンパウロでは最近、日本人を狙った強盗事件が相次いでいて、現地の日本総領事館は警戒を呼びかけています。
在サンパウロ日本総領事館によりますと、亡くなったのは、ブラジルの最大都市サンパウロの南部に住む横浜市出身の端山将明さん(67)です。

地元のメディアなどによりますと、端山さんは15日夜、自宅で家族と食事中に物音に気づいて外に出たところ、自宅の壁を乗り越えて侵入しようとしていた男2人に出くわし、ドアを閉めようとしたところで撃たれて死亡したということです。

関係者によりますと、端山さんは幼い頃にブラジルに移住しましたが、その後も日本国籍は保有していたということです。

サンパウロでは最近、日本人を狙ったとみられる強盗事件が相次いでいて、日本総領事館では警戒を呼びかけています。