白鵬 モンゴル国籍離脱を申請 日本国籍取得へ

白鵬 モンゴル国籍離脱を申請 日本国籍取得へ
k10011886921_201904171524_201904171529.mp4
大相撲の横綱 白鵬が、将来的に親方になることを目指して日本国籍を取得するため、母国のモンゴル国籍を離脱する手続きを始めたことが、関係者への取材でわかりました。
大相撲の69代横綱の白鵬は、歴代最多の優勝42回を誇る角界の第一人者で、将来的に日本相撲協会に残って親方として後進の指導にあたることを希望し、2年ほど前から日本国籍の取得を検討する意向を示していました。

こうした中、関係者によりますと、白鵬は、今後、日本国籍を取得するため、今月、母国のモンゴル政府に対しモンゴル国籍を離脱する手続きに必要な書類を提出したということです。

現在の相撲協会の規程では、引退した力士が親方になるためには日本国籍を持っていることが条件で、アメリカ・ハワイ出身の元横綱 武蔵丸の武蔵川親方や、白鵬と同じモンゴル出身で元関脇 旭天鵬の友綱親方などが、日本国籍を取得して親方となっています。

白鵬「結果を待つだけ」

白鵬は17日午後、巡業先の東京・大田区で取材に応じ、「今、この時点でああだこうだ言うことはまだ早いと思います。それぞれの国のこともありますから、あとは結果を待つだけだと思います。私からは、これ以上のことは言えない」と話すにとどまりました。