J1神戸 リージョ監督の契約解除 前監督の吉田氏が指揮へ

J1神戸 リージョ監督の契約解除 前監督の吉田氏が指揮へ
サッカー、J1のヴィッセル神戸は、フアン・マヌエル・リージョ監督の意向を受けて、17日付けで契約を解除したと発表しました。今後は、前監督である吉田孝行氏がチームの指揮を執るということです。
リージョ監督はスペイン出身の53歳。高いボール支配率を保ちながら攻撃を展開するスペインサッカーに精通し、去年10月からチームの指揮を執ってきました。

ヴィッセルは、元スペイン代表のイニエスタ選手やビジャ選手を獲得して攻撃的なサッカーを展開していましたが、守備に課題があり、リーグ戦は第7節を終えて12失点で、3勝3敗1引き分けの10位にとどまっていました。

クラブによりますと、リージョ監督から退任したいという意向を受けて、17日付けで契約を解除したということです。

リージョ監督は「人生では難しい決断をしないといけないことがある。私と家族にとってはこうすることがベストだと思った」とコメントしています。

これでヴィッセルは3シーズン連続となるシーズン途中の監督交代で、今後は前監督の吉田孝行氏が指揮を執るということです。