米大統領 サウジへの軍事支援停止決議案に拒否権を表明

米大統領 サウジへの軍事支援停止決議案に拒否権を表明
アメリカのトランプ大統領は、イエメンの内戦に介入するサウジアラビアへの軍事支援の停止を求めて議会が可決した決議案に対し、大統領の権限で拒否権を発動すると表明しました。サウジアラビアとの関係をめぐり、大統領と議会の外交政策をめぐる立場の違いが浮き彫りになった形です。
中東イエメンの内戦では、サウジアラビアによる空爆で多くの市民が犠牲になっているとして、アメリカ議会は、サウジアラビアへの軍事支援の停止を求める決議案について、与党・共和党の一部議員も賛成し上下両院で可決しています。

ホワイトハウスは16日、トランプ大統領が議会に宛てた書簡を公表し、この中でトランプ大統領は「アメリカ軍の指揮官である大統領の権限に干渉するもので、兵士を危険にさらしている」と批判しました。

そのうえで「外国への軍事支援を制限する試みは外交関係を損ね、中東地域でのテロ組織のまん延を防ぎ、市民を守ろうとしているアメリカの継続的な努力に悪影響を及ぼす」として、決議案に対し、大統領の権限で拒否権を発動する考えを示しました。

去年、サウジアラビアのジャーナリストが殺害された事件以降、アメリカ議会ではサウジアラビアとの関係を重視するトランプ大統領の姿勢を問題視する声が相次いでおり、大統領と議会の外交政策をめぐる立場の違いが浮き彫りになった形です。