北朝鮮 核施設で活動継続か 米シンクタンクが分析

北朝鮮 核施設で活動継続か 米シンクタンクが分析
k10011886691_201904171813_201904171840.mp4
北朝鮮のニョンビョン(寧辺)にある核施設の周辺で、核燃料の再処理などの際に使われていた特殊な貨車の活動がシンクタンクの分析で確認され、そのねらいや意図について当局が分析を進めているとみられます。
アメリカのシンクタンクCSIS=戦略国際問題研究所は、今月12日に北朝鮮のニョンビョンにある核施設の状況を撮影した衛星画像の分析結果を公表しました。

それによりますと、核燃料の製造施設周辺の線路で、ふだんは見られない長さが12メートルから13メートルの特殊な貨車4両が、また、その近くに大型のトラック2台が停止し、別の核施設の近くでも貨車に大きな貨物を積み込んでいる様子が確認できるとしています。

CSISでは、これらの特殊な貨車は、過去に核燃料の再処理や核物質の運搬などの際に使われていたとしたうえで、現在もこうした活動を続けている可能性は否定できないと指摘しています。

ニョンビョンでは先月、撮影された衛星写真で、実験用軽水炉の近くにクレーンが配置され、資材などが運び込まれた可能性が指摘されていました。

北朝鮮の非核化に向けた米朝の協議をめぐっては、経済制裁の解除を求めるキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が、トランプ大統領との3回目の首脳会談に意欲を示していて、核施設周辺での一連の動きにどのようなねらいや意図があるのか、当局が分析を進めているとみられます。