集中審議の開催要求で協議継続へ 桜田前大臣らの辞任めぐり

集中審議の開催要求で協議継続へ 桜田前大臣らの辞任めぐり
桜田前オリンピック・パラリンピック担当大臣らの辞任をめぐり、野党側は集中審議の開催に応じない与党側の姿勢に反発していて、17日の参議院本会議は見送られました。野党側は引き続き、集中審議の速やかな開催を求めていく方針で、協議が続く見通しです。
桜田前大臣や塚田前国土交通副大臣の辞任を受けて、野党側は安倍総理大臣の任命責任を追及するため、衆参両院の予算委員会で、集中審議を速やかに開催するよう求めていました。

しかし、与党側は16日、開催には応じられないという考えを伝え、自民党の森山国会対策委員長も「安倍総理大臣は任命責任を認め、国民におわびしており、現時点で開く必要性は感じていない」と述べました。

野党側はこうした与党側の姿勢に反発していて、17日に検討されていた参議院本会議の開会は見送られることになりました。

立憲民主党の辻元国会対策委員長は「安倍総理大臣に問いたださなければいけない案件が出てきているのに、自分たちに都合が悪いと審議拒否するのはやめてもらいたい」と批判しました。

与党側は19日に参議院本会議を開くなど、法案審議を着実に進めたい考えなのに対し、野党側は引き続き、集中審議の速やかな開催を求めていく方針で、与野党の協議が続く見通しです。