プロ野球 中日 大野が2年ぶり白星

プロ野球 中日 大野が2年ぶり白星
プロ野球はナイトゲーム6試合が行われ、中日は大野雄大投手が2年ぶりの白星を挙げました。

セ・リーグ

中日対DeNAは、中日が7対1で勝ちました。
中日は3回、平田選手の1号ソロで先制すると、このあと高橋選手と阿部選手にもタイムリ-が出るなど4点を挙げました。先発の大野雄大投手は7回途中1失点で、2年ぶりの白星です。
DeNAはドラフト1位ルーキーの上茶谷投手が、4回5失点で初黒星を喫しました。

ヤクルト対阪神は、ヤクルトが9対5で勝ちました。
ヤクルトは1回に2点を先制されましたが、そのウラ、村上選手の2試合連続となる4号ツーランなどで5点を挙げ、すぐに逆転しました。先発の原投手は今シーズン初完投で2勝目。ヤクルトは3連勝です。
阪神はガルシア投手が3試合連続の7失点で、2回途中で降板しました。

巨人対広島は、巨人が8対2で勝ちました。
巨人は1回、ゲレーロ選手のタイムリーで先制すると、2回はビヤヌエバ選手のタイムリーツーベースなどで3点を加えました。さらに7回には、岡本選手の3試合連続となる6号ソロなどで突き放しました。先発の山口投手は6つのフォアボールを出しながらも7回を2点におさえ、開幕3勝目です。
広島は先発のジョンソン投手が3回4失点と役割を果たせませんでした。

パ・リーグ

ロッテ対ソフトバンクは、ロッテが6対0で勝ちました。
ロッテは1点リードの3回、レアード選手が8号満塁ホームランを打ち、6回には角中選手の4号ソロで追加点を挙げました。先発の涌井投手は2安打完封で、今シーズン初勝利を挙げ、チームの連敗を4で止めました。
ソフトバンクは先発の東浜投手がコントロールに苦しみ、6回6失点と試合を作ることができませんでした。

楽天対西武は、楽天が延長10回、5対4でサヨナラ勝ちしました。
楽天は1点を追う6回、嶋選手のタイムリーで追いつき、10回にはノーアウト満塁でウィーラー選手が犠牲フライを打ち、今シーズン初のサヨナラ勝ちです。
西武は同点の10回に登板した5人目のマーティン投手が、危険球で退場となるなど誤算でした。

オリックス対日本ハムは、オリックスが9対0で勝ちました。
オリックスは1回、吉田正尚選手の2試合連続ホームランとなる4号ツーランで先制し、3回には、吉田選手のタイムリ-ツーベースとロメロ選手の2点タイムリーで3点を加えました。アルバース投手は5回無失点で今シーズン初勝利。
日本ハムは投打ともに精彩を欠き、連勝が3で止まりました。