中日 根尾 走者と交錯 左手を8針縫うけが

中日 根尾 走者と交錯 左手を8針縫うけが
プロ野球中日のドラフト1位ルーキー、根尾昂選手が16日行われたウエスタンリーグの試合で、左手の人さし指付近を8針縫うけがをしました。球団によりますと抜糸までおよそ2週間かかる見込みだということです。
根尾選手は16日、ナゴヤ球場で行われたウエスタンリーグの阪神戦に8番ショートで先発出場しました。そして7回の守備で盗塁をしたランナーと二塁ベース付近で交錯しました。

根尾選手は左手にけがをしてそのまま退き、名古屋市内の病院で治療を受けました。球団によりますと、左手の人さし指付近を8針縫い、抜糸までおよそ2週間かかる見込みだということで、17日から別メニューで調整することになりました。

根尾選手は、ことし1月に起こした右ふくらはぎの肉離れの影響で出遅れ、開幕1軍を逃しましたが、ウエスタンリーグではここまで全試合に出場していました。