徴用工像の設置場所 メーデーまでに決定を提案 プサン市

徴用工像の設置場所 メーデーまでに決定を提案 プサン市
韓国の労働団体が、プサン(釜山)にある日本総領事館近くに太平洋戦争中の徴用工を象徴する像を設置しようとしていることについてプサン市は、市民の意見を募って来月1日までに設置場所を決めることを労働団体に提案しました。
韓国南部のプサン市は、労働団体が日本総領事館近くに設置しようとしていた太平洋戦争中の徴用工を象徴する像を今月12日、強制的に撤去し、市内にある国立の歴史館で保管しています。

プサン市のオ・ゴドン(呉巨敦)市長は15日声明を発表し、像の持つ意味については共感するものの、法的手続きをとっていないため強制撤去せざるを得なかったなどと説明しました。

そのうえで、オ市長は、像の設置場所について市民から意見を募り、メーデーの来月1日までに決定することを労働団体に提案しました。

プサン市は日本総領事館近くの像の設置については日韓関係に及ぼす影響などを考慮して反対する立場をとっていて、これまでもプサン駅前など別の場所を提案してきました。

一方、労働団体はこれまで総領事館近くへの像の設置にこだわっています。

15日は、プサン市の庁舎内で集会を開いて「撤去は親日だ」「像を返還しろ」などと訴えて警察と衝突しており、市の提案にどう対応するのか関心が高まっています。