日経平均株価 小幅に値上がり

日経平均株価 小幅に値上がり
16日の東京株式市場、日経平均株価は、小幅に値上がりしました。
日経平均株価、16日の終値は15日より52円55銭高い2万2221円66銭。

東証株価指数=トピックスは、1.47下がって1626.46。1日の出来高は10億5075万株でした。

市場関係者は「NTTドコモがきのう新たな料金プランを発表し、大手の料金戦略の方向性が見えたとの受け止めから通信関連に買い注文が増え、日経平均株価の上昇をけん引した。一方、日米の新たな貿易交渉が行われる中、交渉の状況を見極めたいという投資家もおり、取り引きは低調だった」と話しています。