新五千円札の津田梅子 顔が逆向きか

新五千円札の津田梅子 顔が逆向きか
新しい五千円札に使われる津田梅子の肖像が「実際の写真の顔の向きを反転させて使ったのではないか」という指摘が出ています。これについて財務省は「写真がそのまま紙幣の肖像になるわけではない」と説明し、そのまま発行する方針です。
政府は先週、紙幣のデザインを一新すると発表し、このうち五千円札には、日本で最初の女子留学生としてアメリカで学び、その後、津田塾大学を創立した津田梅子の肖像を使うことを明らかにしました。

財務省が発表した新五千円札の見本の津田梅子の肖像は、津田塾大学が以前、国立印刷局に提供した36歳ごろの写真とよく似ています。

ただ、写真は正面から見て右を向いているのに対し、紙幣の肖像は左を向いていて「新紙幣の肖像は実際の写真の顔の向きを反転させて使ったのではないか」という指摘が出ています。

これについて財務省は「既存の写真がそのまま肖像になるわけではなく、複数の写真を基に国立印刷局の技術者が紙幣の原版用に彫刻を行って新たに作るものだ」と説明し、見本どおりのイメージで新しい五千円札を発行する方針だということです。

官房長官「そのまま印刷されることはない」

菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、「新たな紙幣の肖像は選定された人物についてのさまざまな写真を収集し、それらを参考に国立印刷局の工芸官が彫刻を行って原画を作成する。したがって既存の写真がそのまま日本銀行券の肖像として印刷されることはない」と述べました。