大リーグ初の黒人選手をたたえる「ロビンソンデー」

大リーグ初の黒人選手をたたえる「ロビンソンデー」
4月15日は、大リーグが今の形になってから初めての黒人選手となったジャッキー・ロビンソン選手の功績をたたえる「ジャッキー・ロビンソンデー」で、大リーグのすべての選手がロビンソン選手の背番号「42」をつけて試合に臨みました。
ロビンソン選手は1947年から10年間、当時のブルックリン・ドジャースでプレーし、白人以外の選手が大リーグでプレーする道を切り開きました。

15日はカブスのダルビッシュ有投手やマリナーズの菊池雄星投手も背番号42をつけてプレーをしていました。