各社の競争通じて携帯電話料金引き下げに期待 石田総務相

各社の競争通じて携帯電話料金引き下げに期待 石田総務相
k10011885411_201904161241_201904161241.mp4
NTTドコモが通信料金を最大4割値下げするプランを発表したことについて、石田総務大臣は記者会見で、各社の競争を通じて携帯電話料金の引き下げにつながるという期待を示しました。
NTTドコモは、端末と通信の分離を義務づける法案の成立に先立って、15日、端末代金を除いた通信料金を最大4割値下げするプランを6月1日から導入すると発表しました。

これについて、石田総務大臣は閣議のあとの記者会見で、「各社の競争を通じて料金の低廉化やサービスの多様化、利用者利益の向上につながる」と述べ、政府が課題としてきた携帯電話料金の引き下げにつながるという期待を示しました。

そのうえで、石田総務大臣は「事業者間の競争が働く環境を整備するために法案を提出している。携帯電話市場の競争を活発なものにして、低廉で分かりやすい料金サービスを、できるかぎり早く実現したい」と述べ、端末と通信の分離を義務づける法案の早期の成立を目指す考えを示しました。