熊本地震3年 橋崩落で死亡した大学生の遺族 現場で追悼

熊本地震3年 橋崩落で死亡した大学生の遺族 現場で追悼
k10011885291_201904161222_201904161224.mp4
一連の熊本地震のうち2度目の震度7を観測してから16日で3年です。南阿蘇村で大規模な土砂崩れが起きて橋が崩落し、車ごと川に転落して亡くなった大学生の遺族が現場を訪れて花を手向けました。
大学4年生だった大和晃さん(当時22)は、阿蘇大橋の崩落で車ごと川に転落し、4か月後に下流で遺体で見つかりました。

16日未明、大和さんの両親と兄、伯父の4人が、復旧工事が続く橋の崩落現場近くを訪れ、ろうそくに火をともし、花を手向けました。

そして、地震が起きた午前1時25分に合わせて静かに祈りをささげていました。

父親の大和卓也さん(60)は「3年がたっても私たちの中では晃の存在は変わっておらず、地震が起きた時刻にこの場所に来ることが供養になる。災害の記憶が薄れてしまわないように続けていきたい」と話していました。