日米貿易交渉 初日終わる 交渉範囲めぐる米側の要求が焦点

日米貿易交渉 初日終わる 交渉範囲めぐる米側の要求が焦点
世界経済の先行きに不透明感が増す中、日米の新たな貿易交渉の初会合が日本時間の16日朝早くワシントンで行われ、協議は先ほど終わりました。このあと、茂木経済再生担当大臣が記者団に内容を説明することにしていて、当面の交渉範囲をめぐってアメリカ側がどのような要求をしたのかが焦点となります。
米中の貿易摩擦の長期化や中国の景気減速を背景に、世界経済の先行きに不透明感が増す中、茂木経済再生担当大臣とライトハイザー通商代表による日米の新たな貿易交渉の初会合は、日本時間の16日午前4時すぎからワシントンで行われました。

交渉に先立って、茂木大臣は記者団に対し、「きょうは第1回目の会談なのでライトハイザー通商代表と率直な意見交換ができればと思っている」と述べました。

協議は午前7時すぎに終わり、このあと、茂木大臣が記者団に内容を説明することにしています。

17日まで2日間行われる見通しの会合では、当面の交渉範囲が議論されるものとみられ、16日の協議で日本側は、去年9月に首脳間で合意した共同声明の内容に沿って、TAG=物品貿易協定の締結に向けた物品関税の撤廃・削減の議論を中心に交渉を行いたいという考えを伝えたものとみられます。

これに対し、サービスなど幅広い分野を含むFTA=自由貿易協定の締結にも意欲を示すアメリカ側が、当面の交渉範囲をめぐってどのような要求をしたのかが焦点となります。

経済同友会「最後のとりではTPP並み」

日米貿易交渉アメリカのワシントンで行われている日米の新たな貿易交渉について、経済同友会の小林代表幹事は16日の定例の会見で「TPP=環太平洋パートナーシップ協定が動き出している中でこれ以上の妥協はありえない。包括的に、なおかつ最後のとりではTPP並み、それ以上要求されても対応できないという形で交渉してきてほしい」と政府への要望を語りました。