仏留学の女子学生不明事件 仏検察がチリ到着 容疑者取り調べへ

仏留学の女子学生不明事件 仏検察がチリ到着 容疑者取り調べへ
3年前、フランス東部に留学していた日本人の女子大学生の行方がわからなくなっている事件で、フランスの検察官が、殺人の疑いで国際手配している元交際相手のチリ人の男の取り調べを行うために南米のチリに到着しました。
筑波大学の学生、黒崎愛海さんは、2016年12月、留学先のフランス東部のブザンソンで行方がわからなくなり、フランスの捜査当局は元交際相手でチリ人のニコラス・セペダ容疑者(28)を殺人の疑いで国際手配しています。

セペダ容疑者はすでにチリに帰国していて、フランス当局の検察官は、本人から直接事情をきくため、15日、チリの首都サンティアゴに到着しました。

空港でフランスの検察官は、記者団に対し「国際的な約束に基づき、チリに来た。16日にチリ側と捜査方針について話し合う予定だ」と述べ、足早に車に乗り込みました。

フランス当局は事件のあと、ブザンソン近郊の森などで捜索を続けてきましたが、去年10月に打ち切っています。黒崎さんの行方がわからなくなってから3年がたち、事件の風化も懸念されていますが、チリ側は証拠が十分ではないとして、フランス側への容疑者の身柄の引き渡しには消極的とみられています。

今回の取り調べで、フランス側がこれまでの捜査をもとに容疑者から有力な証言を引き出すことができるかが焦点です。