ふるさと納税でEXILEグッズの返礼品取りやめへ 目黒区

ふるさと納税でEXILEグッズの返礼品取りやめへ 目黒区
ふるさと納税の返礼品の基準が厳しくなるのを前に、東京 目黒区は区内にある芸能事務所からの協力を受けて選定した人気ダンスボーカルグループのグッズなどの返礼品を取りやめることにしました。
目黒区では今年度、ふるさと納税によっておよそ19億円がほかの自治体に流出する見込みで、区ではこれを食い止めるため、地元にゆかりのある団体などに協力してもらって返礼品の品ぞろえを充実させ、寄付金を増やす取り組みを行っています。

しかし、返礼品を寄付額の3割以下の地場産品とし、基準を守らない自治体は制度の対象から外すなどとした法律が先月成立したことから、目黒区は、地元で製造されていない返礼品について、今月30日で受け付けを終了することを決めました。

このなかには、区内に事務所がある人気ダンスボーカルグループ「EXILE」のグッズもあり、SNSで話題になるなど注目を集め、先月までに600万円を超える寄付金を集めたということです。

このほか、区が支援している東日本大震災の被災地の特産品や区内が発祥の菓子店の商品などについても、同様の理由から受け付けを終了し、現在51ある返礼品は半分以下に減るということです。

目黒区は「名産品のない都心で、さまざまな方から協力をいただいてきたので心苦しい。改めて目黒区の魅力を発掘していきたい」としています。