国会 集中審議の開催要求をめぐり 与野党が攻防

国会 集中審議の開催要求をめぐり 与野党が攻防
桜田前オリンピック・パラリンピック担当大臣らの辞任を受けて、野党側は集中審議の開催を求めていて、速やかに開かれない場合は、法案などの新たな日程協議に応じないことも含め対応を検討していく方針です。これに対し、与党側は、集中審議の開催には応じない姿勢を崩しておらず、与野党の攻防が展開されそうです。
桜田前大臣や、塚田前国土交通副大臣の辞任を受けて、野党側は、安倍総理大臣の任命責任を追及するため、衆参両院の予算委員会で集中審議を開催するよう求めていますが、与党側は、辞任を理由に開催した例は無いなどとして、応じていません。

野党側の参議院の国会対策委員長らは15日会談し、引き続き、集中審議の開催を求めるとともに、速やかに開かれない場合は、今後、法案などの審議日程の協議に応じないことも含め、対応を検討していく方針を確認しました。

これに対し、与党側は、集中審議の開催には応じない姿勢を崩していない一方、衆議院の補欠選挙や夏の参議院選挙などへの影響を抑えたいとして、早期に事態を収束させたい考えで、与野党の攻防が展開されそうです。