墜落したF35 発見時は引き上げの方針 防衛省

墜落したF35 発見時は引き上げの方針 防衛省
青森県沖で最新鋭のF35戦闘機が墜落した事故から16日で1週間となりますが、パイロットや機体の大部分は見つかっておらず、捜索が続けられています。防衛省は、最新鋭機の機密保持のため機体の発見を急ぎ、海中から引き上げる方向で検討しています。
今月9日、青森県三沢市の沖合で航空自衛隊の最新鋭のステルス戦闘機、F35A1機が海に墜落しました。

現場周辺では、事故から1週間となる現在も自衛隊の航空機や艦艇のほか、アメリカ軍も参加して捜索が続けられていますが、パイロットや機体の大部分は見つかっていません。

航空自衛隊によりますと、事故機は三沢基地を離陸してからおよそ30分後に「訓練を中止する」と伝えてきましたが、レーダーから機影が消えたのはそのおよそ1分後だったということです。

航空自衛隊は、パイロットが何らかのトラブルの兆候を確認し、その直後に墜落した可能性もあるとみていますが、詳しい状況はわかっておらず、原因の究明にはまだ時間がかかる見通しです。

F35戦闘機はアメリカなど9か国が開発し、欧米各国などでも配備が進む最新鋭機で、防衛省は機密保持のため、アメリカ軍と連携しながら機体の発見を急ぎ、海中から引き上げる方向で検討しています。