「ロシア側が2+2など日程提案」新党大地 鈴木宗男代表

「ロシア側が2+2など日程提案」新党大地 鈴木宗男代表
ロシアを訪れていた新党大地の鈴木宗男代表は、安倍総理大臣と会談したあと記者団に対し、ロシア側が日本政府に対し、今月22日に外務次官級の協議を、来月30日から外務・防衛の閣僚協議、いわゆる2+2を行うことを提案していると明らかにしました。
今月9日から11日にかけてロシアを訪れ、モルグロフ外務次官などと会談した新党大地の鈴木宗男代表は15日午後、総理大臣官邸を訪れ、安倍総理大臣と会談しました。

このあと鈴木代表は記者団に対し、安倍総理大臣にロシア訪問の報告をしたとしたうえで、ロシア側が日本政府に対し、今月22日に外務次官級の協議を、来月30日と31日に外務・防衛の閣僚協議、いわゆる2+2を、さらにそれに合わせて外相会談を行うことを提案していると明らかにしました。

そして鈴木代表は、安倍総理大臣が速やかに返事ができるという見通しを示したとしたうえで、北方領土問題の前進に向け、外務次官級の協議や外相会談を行い、6月のG20大阪サミットに合わせて行う首脳会談につなげていきたいという意欲を示していたなどと述べました。