日中貿易相 RCEP交渉加速で一致 年内妥結を目指す

日中貿易相 RCEP交渉加速で一致 年内妥結を目指す
中国 北京を訪れている世耕経済産業大臣は中国の鍾山商務相と会談し、日中など16か国が参加するRCEP=東アジア地域包括的経済連携について、年内の妥結を目指し、交渉を加速させていくことで一致しました。
会談の冒頭で中国の鍾山商務相は「この1年、両国の経済・貿易関係は実務的に発展している。2国間だけでなく、地域経済の一体化や国際的な協力についても意見交換したい」と述べました。

これに対し世耕経済産業大臣は「会うたびに日中の間で議論すべき重要なテーマが増えている」と応えました。

そして、RCEPについて目標としている年内の妥結を目指して、日中が中心となって交渉を加速させていくことで一致したほか、WTO=世界貿易機関の改革で日本が議論を主導していくことに中国の支持を得たということです。

今回の訪中の成果について、世耕大臣は記者会見で「日本から6人の閣僚が出席したハイレベル経済対話では、いろいろなテーマで多角的な議論ができたことが大きな印象に残った。日中の経済関係をさらに発展させ、互いに利益のある関係を構築したい」と述べました。