日中外相 6月に習主席訪日へ 調整本格化を確認か

日中外相 6月に習主席訪日へ 調整本格化を確認か
河野外務大臣は、訪問先の中国で王毅外相と会談し、安定的な日中関係の構築につながるよう、ことし6月のG20大阪サミットに合わせた習近平国家主席の日本訪問に向け、調整を本格化させることを確認したものとみられます。
河野外務大臣と中国の王毅外相の会談は、中国 北京の釣魚台迎賓館で、日本時間の15日午後1時すぎから2時間余りにわたって行われました。

会談の冒頭、王外相は「日中両国は関係発展の見通しをさらに切り開いていく必要がある。二国間関係を次の段階へと引き上げ、協調と改善、さらに発展に向けて取り組んでいきたい」と述べました。

これに対し、河野大臣は「ことしは両国関係を安定した形で発展させていくうえで極めて重要で意義のある1年になる。国際情勢、世界経済が不透明さを増す中、地域と世界の平和と安定のため、ともに責任を果たしていく必要がある」と応じました。

会談の詳しい内容は明らかになっていませんが、両外相は、14日夜行われた「ハイレベル経済対話」の結果などを踏まえ、安定的な日中関係の構築につながるよう、ことし6月のG20大阪サミットに合わせた習近平国家主席の日本訪問に向け、調整を本格化させることを確認したものとみられます。

また、河野大臣は、尖閣諸島をめぐる問題や東シナ海でのガス田開発など、安全保障上の日本側の懸念についても伝えたものとみられます。