日経平均株価 4か月ぶりの2万2000円台に

日経平均株価 4か月ぶりの2万2000円台に
週明けの東京株式市場、日経平均株価はほぼ全面高の展開となり、去年12月以来、4か月ぶりに2万2000円台を回復しました。
日経平均株価、15日の終値は、先週末より298円55銭高い、2万2169円11銭。
東証株価指数=トピックスは22.53上がって1627.93。
1日の出来高は12億2562万株でした。

市場関係者は「先週末の欧米やきょうの中国 上海の市場で、株価が値上がりした流れを受けて、東京市場でもほぼ全面高となり、一時300円以上値上がりした。市場では15日から始まる日米の新たな貿易交渉の行方に関心が高まっている」と話しています。