「元夫が起きず頭にきた」ハンマーで殴って殺害容疑 女逮捕

「元夫が起きず頭にきた」ハンマーで殴って殺害容疑 女逮捕
14日、東京・三鷹市のアパートで、60歳の元夫をハンマーで殴って殺害したとして、同居する55歳の女が警視庁に逮捕されました。調べに対し「元夫が床で寝ていて起きなかったので殴った」と供述しているということで、詳しいいきさつを調べています。
逮捕されたのは、東京・三鷹市新川の無職、秋山朝子容疑者(55)で、警視庁によりますと、14日午前、自宅アパートの1室で、元夫の秋山均さん(60)の頭をハンマーで殴って殺害したとして、殺人の疑いが持たれています。

秋山容疑者が「元夫がひっくり返って起きない」と通報し、元夫はおよそ1時間後、搬送先の病院で死亡しました。

秋山容疑者は元夫と離婚したあとも一緒に住んでいたと話していて、調べに対し「元夫は体が不自由な自分の代わりに家事を手伝ってくれず、ストレスがたまっていた。今回も床で寝ていたのでベッドに行くよう促したが、起きなかった。頭にきてハンマーで殴って熱湯をかけた」と供述しているということです。

警視庁は詳しいいきさつを調べています。