秋篠宮ご夫妻 天皇陛下即位30年記念の特別展を訪問

秋篠宮ご夫妻 天皇陛下即位30年記念の特別展を訪問
k10011884481_201904151343_201904151344.mp4
秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さま、次女の佳子さまは、天皇陛下の即位30年を記念して、皇室ゆかりの美術作品などを紹介する特別展をご覧になりました。
この特別展は天皇陛下の即位30年を記念して、東京 上野の東京国立博物館で開かれているもので、秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さま、次女の佳子さまは、15日午前に足を運ばれました。

会場には、宮内庁が所蔵する皇室ゆかりの美術作品などが展示されています。

このうち「主基地方風俗歌屏風」は、日本画家の高山辰雄が、平成の大嘗祭で神々に供えるための米を大分県で収穫することになったことにちなんで、故郷 大分の風景を描いた作品です。

秋篠宮さまはこの作品を見て「日本の伝統を伝える大切なものですね」などと話されていたということです。

また、眞子さまと佳子さまは、天皇皇后両陛下が10年前にカナダを公式訪問された際に、現地で紹介された日本の四季を描いた掛け軸を見て「今の日本ではあまり目にしない風景が描かれていて、心が和みます」などと話されていたということです。

この特別展は、東京 上野の東京国立博物館で、今月29日まで開かれています。